失敗しないマンション選びナビ

契約する時に気を付けること

マンションを借りる手続きとして、賃貸借契約書に署名や捺印をすることが必要となります。

 

その他に重要事項説明書というものにもサインをしますが、書面いっぱいに様々なことが記載されているので、容易に理解できるようなものではありません。

 

とはいえ、こちらが不利になることが書かれているのを知らないまま契約してしまうことは困るので、押さえておくべきポイントは覚えておきましょう。

 

とりあえず、支払いなどのお金に関する部分は、必ず確認しておきましょう。

 

賃貸のマンションを借りる場合には、更新手続きが規定年数が経過する度に要求されるのです。

 

契約更新時に家賃が値上げされるケースが多く、それ以外に家賃の1ヶ月分相当の更新手数料を払わなければいけなくなったりします。

 

また、修繕費ではもめることが多く、負担額の上限を事前に確認しておきましょう。

 

家主と貸借人の双方が負担する割合についてははっきりさせておくべきなのです。

 

さらには、敷金の返金の事項も曖昧な部分がないようにしましょう。

 

敷金は、退去時にかかった修繕費を支払った余りを借主に返すというお金なのですが、その際の修繕費の使い方の考え方によって揉め事に発展することがあります。

 

マンションを借りる人は、借りたお部屋を退去時には元の状態にしなければいけませんが、この原状回復が実に厄介なのです。

 

生活する上で自然についてしまう汚れなどは、原状回復義務の範囲に入りません。

 

原状回復を行う範囲というのは特に決められていないので、マンションを借りる契約を締結する前に分かるまで質問することが大切です。

 

入居前の下見で汚れをチェックするのは、マンション退去時の問題発生を食い止めるためなのです。

 

 


契約する時に気を付けることエントリー一覧

入居審査って?
良かったと思えるマンションを借りるために様々なことを借主がする必要がありますが、そうすることで自分の考える条件に合った物件に出会えるでしょう。逆に貸す側についても、安心して貸すことができる借主さんを求めているのです。家主としては家賃の滞納がない人、清潔な状態で部屋を使用できる人、周囲に迷惑をかけない人を求めています。そのために、オーナーさんと借主さんが顔を合わせる入居審査があるのですが、絶対に通りたいと感じるマンションなら、良い印象を入居審査で与える必要があります。入居申込書に書き込む要件に関し...