失敗しないマンション選びナビ

入居審査って?

良かったと思えるマンションを借りるために様々なことを借主がする必要がありますが、そうすることで自分の考える条件に合った物件に出会えるでしょう。

 

逆に貸す側についても、安心して貸すことができる借主さんを求めているのです。

 

家主としては家賃の滞納がない人、清潔な状態で部屋を使用できる人、周囲に迷惑をかけない人を求めています。

 

そのために、オーナーさんと借主さんが顔を合わせる入居審査があるのですが、絶対に通りたいと感じるマンションなら、良い印象を入居審査で与える必要があります。

 

入居申込書に書き込む要件に関して変更の余地はありませんが、それ以外についてはどうにかなる部分があります。

 

中でも、家主と会う場合には服装に細心の注意を払いましょう。

 

就職面接のような堅苦しい服装は求められませんが、不快な思いをさせない、清々しい印象の服装を意識しましょう。

 

家主が高齢の人であるときには、派手すぎる服装などは好まれないでしょう。

 

他にも、きちんと挨拶を済ませ、やりとりするときは家主と目を合わせながら落ち着いたペースで会話することを努力しましょう。

 

家主さんと会って話をしてみると相性も確認出来ますので、自分に合わないと思ったら賃貸借契約を避ける選択肢もあります。

 

賃貸借契約が済んでいない状態なら、その申し込みを中止することができます。

 

ちなみに、一人暮らしという形でマンションを借りるのであれば、入居審査を受けるのは自分の仕事です。

 

特に、実際は一人暮らしではないと誤解を与えてしまいかねないので、付き添いに異性を頼むのは良くありません。

 

マンションを円滑に借りることを叶えたいのであれば、様々なことに配慮することが求められるのです。