失敗しないマンション選びナビ

良い不動産会社の見分け方

より良いマンションを借りる条件としては、信頼の置ける不動産会社に相談することがカギといえます。

 

不動産会社との問題に発展することがないように、一目で良い業者かどうかを見抜けるようにしましょう。

 

やり方としては物件広告や住宅情報誌から判断することが可能で、これが分かっているとマンションを借りる上での業者選びが便利なのですが、各不動産会社についている免許証番号をチェックするという方法です。

 

不動産物件が載っている広告に当然不動産会社の名前も載っていますが、そこに業者票というものも記載されているはずです。

 

具体的に、「国土交通大臣(2)第12345号」のような具合です。

 

国土交通大臣の表示は、いくつかの事務所が都道府県に存在する場合なので、「東京都知事(2)第12345号」という表示は東京都に会社があるという意味です。

 

カッコ内に記載されている数字は更新回数を表し、5年ごと更新は行なわれるので、(2)は更新を2回行なったことを表しており、営業年数が6年から10年であることが読み取れます。

 

その不動産会社に宅建業法や関連法規違反があれば更新はできないので、更新を何度も行なえている事実は安心材料になります。

 

免許番号は、広告の他にも事務所の中で最も目につきやすいところにも提示されていますから、しっかり確かめましょう。

 

この他にも、宅地建物取引協会などの業界団体への加盟を果たしているかも、良い業者を見抜く手かがりにできます。

 

安心できる業者からマンションを借りるためにも、このくらいはチェックしておいても良いのではないしょうか。

 

免許番号の他にも、店舗の印象や社員の雰囲気も見逃さないようにしましょう。

 

強引に契約させようとする、または急がせる、無理に下見に連れて行く、逆に下見をさせてくれないなど、不審な点があったら簡単に契約しないようにしましょう。

 

 


良い不動産会社の見分け方エントリー一覧

条件の優先順位を決めておく
マンションを借りることに対し、それぞれの人で色々な基準を持っている方もいるはずです。数ある条件のうち優先順位を決めておくことで、見つける苦労が減ります。支払う家賃の目安となるのは、得ている収入の3分の1以下と言われているので、予算内で自分の条件に一番近いマンションを探しましょう。第一に、立地条件について整理していきましょう。希望の沿線、最寄り駅、最寄り駅に着くまでに費やす時間など、様々な側面から検討することが大切です。最寄り駅まで徒歩で5分以内であること、駅まで遠くても良いがバス停が近くにあるこ...
下見の重要性
マンションを借りるに際して、実際に物件に行き下見をするのは大切なことです。不動産会社の社員と一緒に下見をすると、その物件で決めなければいけなのではないかと不安になってしまう人もいますが、即決する必要はありません。確かにその物件を悩んでいる間に他の人が契約してしまうケースはありますが、本当に住みたいと思うまで契約を交わさないのが望ましいでしょう。下見については、幾つかの物件の見取り図を見てから、魅力を感じた物件を実際に見に行く運びとなります。マンションを実際に見て、見取り図からは把握できない部分を...
下見でチェックするポイント
マンションの契約を交わし借りる前の下見でしっかり見れなかった場所があると、住み心地の悪さに後から気づく場合があります。下見をする人の大半は、間取りや収納をはじめとした部分を確かめるだけなのですが、まだまだ見なければいけない場所があります。借りるのが中古マンションならば、前の住人による汚れが残っている場合があります。退去の時に掃除や修理を行なうのが当然なのですが、放置されていることも往々にしてあります。住み心地の良いマンションを借りるために、下見の段階でよくチェックするようにしましょう。現状で電気...
近隣調査も忘れずに
マンションを借りるにあたって、契約の前の近隣調査は押さえておくようにしましょう。マンションの賃貸契約が終わり、実際に住んでみたら住み心地が悪かったということにならないためにも、マンションの物件を特定するまでの間に確かめるべきでしょう。昼夜の時間それぞれで印象が違ってきますので、見に行く時間帯を変えつつ何回か行ってみると良いでしょう。スケジュールにゆとりがあるようでしたら、一週間のうち平日と休日の相違点も見に行ってチェックしてみましょう。工場や学校が設えられているケースでは、週中と週末ではがらりと...
共用部分も必ずチェックしよう
マンションにおける間取りや内装、用意されている設備などを総合的に見てみても、共用部分が欠陥だらけでは安心して生活できません。共用部分も見逃すことなくチェックした上でマンションを借りるための契約に移りましょう。共用部分としては、階段やエレベーター、ごみ置き場などが主な場所です。ゴミ置き場が散らかった状態になっていないか、電球は切れることなく点いているかといったことを入念に調べましょう。他には、共用部分に私物などが置かれているマンションはマナーが疑われますし、落書きを消していない物件も住みたいとは思...