失敗しないマンション選びナビ

下見の重要性

マンションを借りるに際して、実際に物件に行き下見をするのは大切なことです。

 

不動産会社の社員と一緒に下見をすると、その物件で決めなければいけなのではないかと不安になってしまう人もいますが、即決する必要はありません。

 

確かにその物件を悩んでいる間に他の人が契約してしまうケースはありますが、本当に住みたいと思うまで契約を交わさないのが望ましいでしょう。

 

下見については、幾つかの物件の見取り図を見てから、魅力を感じた物件を実際に見に行く運びとなります。

 

マンションを実際に見て、見取り図からは把握できない部分を確認します。

 

住宅情報だけを参考にすると、マンションを契約してから失敗に気が付いたりしますから、自分で問題が無いか確認することは大切です。

 

下見に行く際には、部屋の奥行きや天井の高さを知るために、メジャーがあると便利です。

 

メジャーと一緒に、現在使用している家具や電化製品のサイズを測ってメモにして行くと、設置できるかどうかが分かるので便利です。

 

時間は取られますが、できれば家具や電化製品の底辺のサイズに合わせて新聞紙をカットし、床に敷くと置いた時の部屋の雰囲気が分かって便利です。

 

梁があって家具が置けないなど、見取り図からは判断できないようなケースもあるため、下見で確認しましょう。

 

引っ越しをするときに家具を搬入できず、処分の選択に迫られる場合も多いため、間口の広さであったり階段の広さであったりは確実に見ておきましょう。

 

長時間下見をしないと分からないことかもしれませんが、可能な限り上の部屋や隣の部屋からの騒音に関しても調べると良いでしょう。

 

マンションに対し防音性や遮音性が欠かせないと思っている人は、このことについて住人に意見を伺ってみると良いでしょう。

 

 


下見の重要性関連ページ