失敗しないマンション選びナビ

下見でチェックするポイント

マンションの契約を交わし借りる前の下見でしっかり見れなかった場所があると、住み心地の悪さに後から気づく場合があります。

 

下見をする人の大半は、間取りや収納をはじめとした部分を確かめるだけなのですが、まだまだ見なければいけない場所があります。

 

借りるのが中古マンションならば、前の住人による汚れが残っている場合があります。

 

退去の時に掃除や修理を行なうのが当然なのですが、放置されていることも往々にしてあります。

 

住み心地の良いマンションを借りるために、下見の段階でよくチェックするようにしましょう。

 

現状で電気が通っているようでしたら、電気が正常に点くかも調べましょう。

 

部屋の窓や玄関、各部屋のドアの開閉状態においても、暮らし始めてから開閉できないということがないよう、入念にチェックしましょう。

 

備え付けの設備についても問題を抱えていることが少なくないようですので、住んでから動かないことに気づくことを避けるためにもエアコンや換気扇などは漏れなく作動させてみましょう。

 

最も大切な確認事項は、業者の住宅情報とマンション物件に異なる部分がないかという部分です。

 

べランダの細部や日当たりの部屋以外の場所の点検も行なうと良いでしょう。

 

コンセントがどの場所にあるかも調べ、電話とLANの数を確認しましょう。

 

トラブルが多いのはトイレや浴室などの水周りで、カーペットやフローリングに付着している汚れに関しても、生活が始まる前に届け出ておかないと、後にトラブルとなります。

 

証拠をカメラなどに日付を入れて収めておくこともできますが、責任問題にならない最終手段という位置づけで、住み始める前に直してもらうのが一番です。

 

借りる契約をする前に、多くの箇所を十分確認することが今後のためになります。

 

 


下見でチェックするポイント関連ページ