失敗しないマンション選びナビ

共用部分も必ずチェックしよう

マンションにおける間取りや内装、用意されている設備などを総合的に見てみても、共用部分が欠陥だらけでは安心して生活できません。

 

共用部分も見逃すことなくチェックした上でマンションを借りるための契約に移りましょう。

 

共用部分としては、階段やエレベーター、ごみ置き場などが主な場所です。

 

ゴミ置き場が散らかった状態になっていないか、電球は切れることなく点いているかといったことを入念に調べましょう。

 

他には、共用部分に私物などが置かれているマンションはマナーが疑われますし、落書きを消していない物件も住みたいとは思わないでしょう。

 

駐車場・駐輪場も十分に管理されているか忘れずに確かめ、また防犯カメラの有無も要チェックです。

 

駐車場有と住宅情報に記載されている場合でも、実際には空きがないというケースがあります。

 

マンションを借りることに満足はしても駐車場が借りられず、別の場所に確保しなければならない場合もあります。

 

自家用車を保有していて駐車場を使いたいのであれば、必ずチェックしましょう。

 

マンションの防犯対策が徹底されていることを条件にしている人は、マンションの詳しい構造や裏側にいたるまで確かめることが求められます。

 

ほとんどの人がマンションの中で1階が最も危険と思っていますが、実は1階の防犯セキュリティーを強化しているマンションも多いようです。

 

足を引っ掛ける部分があれば、上階にまで苦労せずに行き着くことが可能なのです。

 

正面玄関の施錠は万全の状態であったとしても、これが裏側の出入口を見てみると手を抜いているというところもあります。

 

女性が一人暮らしを考えている場合は特に徹底的にチェックすることが大切です。

 

 


共用部分も必ずチェックしよう関連ページ