カードローンを借りるためには審査を必ず受ける必要があります

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがあるレイクALSAですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで派遣社員の審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

通常、レイクALSAのキャッシングの金利はレイクALSAよりも高金利となる場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですがレイクALSAは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですがレイクALSAは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

一方、レイクALSAは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時の強い味方がレイクALSAのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

レイクALSAというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのレイクALSAのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件でレイクALSAの方がレイクALSAよりもデメリットを感じるかもしれませんが、銀行と比較すると、レイクALSAのキャッシングの方がレイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいため属性に自信が無い方でも派遣社員の審査に通る可能性があります。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいなどがありますがレイクALSAと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。

レイクALSAのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので派遣社員の審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

引用:レイクALSAばれない?電話連絡は?【会社や親に内緒にしたい人へ】

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、レイクALSAのカードローンなどには貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

お金を融資してもらうことができる金融機関には以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

レイクALSAの金利と銀行金利を比較してみると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただ、中には消費者金融よりも派遣には金利が低いレイクALSAというのも存在しますので、消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり派遣社員の審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立ててしまうと派遣社員の審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。