レイクアルサの審査って本当に厳しい?

急な出費の時に持っていると安心なのがカードローンです。

これは普通の物とは違い審査時間も短く、最短でその日の内に借入する事ができるのでどなたでも取り扱いしやすい物となっています。

審査は会社の規約に従い行われますが住宅ローンなどとは違い、やさしい内容でもあるので以前にローントラブルなどがなければ普通に通過するでしょう。

中には主婦の方やアルバイトの方でもOKといった物もあり誰でも手が出しやすい物となっています。

お金が急に必要になった時口座にお金が十分にない!そんな経験ありませんか?そういう時にこそ便利に使えるのが新生銀行カードローンのレイクアルサです。

こちらのローンは審査時間も短く保証人や担保も不要なので男性でも女性でも利用しやすい商品となっています。

外国でもキャッシングサービスは受けられるので旅行に必須!という人も多いです。

支払日をちゃんと守りさえすれば決して怖い事はなく、むしろとても便利に使える物ですので使いやすそうな商品を見つけてください。

収入がない主婦の方でも借りられるのが銀行ローンです。

これは一般的な物と比べて審査の時間は約30分ぐらいで終了し、当日でも借入ができるので急に現金が必要な時にも心強いです。

旦那さんにバレないか?不安がる方もいるかと思いますがほとんどの場合、家族に通知がいく事はありません。

誰にも内緒でひっそりとお金のやり取りができるので多くの方が利用されています。

ですが、支払日はきちんとしましょう。

遅延などを1回でもするとすぐにバレてしまうので、それはやめてください。

いざという出費に備えてあると良いのが新生銀行カードローンのレイクアルサです。

このカードが欲しければ、審査をパスする事が絶対条件です。

他のローンと比べて基準は低く設定されているので通りやすい事が特徴ですが必ずパスできる。

という事ではありません。

審査に通るにはそれなりの条件があります。

その内で1番重要なのは収入面に関してです。

安定した収入が無いのか?あるのか?という問題はお金を貸す側にとって、最重要な事ですのでこの事は外せない基準と思っておいた方が良いです。

安定さえしてれば、アルバイトやパートの方でもOKです。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニなどで審査時間が短く行えますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性の利用者も増えています。

通常、レイクALSAのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利と言われています。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行とレイクALSAの違いは審査時間の長さです。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で審査時間が短くお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査時間が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上となり、企業としての利益として計上されます。

レイクALSAの金利と銀行金利を比較してみるとレイクALSAの金利の方が高いことが多いと思います。

参照:レイクアルサ審査厳しい?無利息キャッシング即日振込【審査不安な方へ】

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、あながちレイクALSAのほうが高金利であるとは言い切れません。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものとレイクALSAが融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

レイクALSAのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

このことから、レイクALSAの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、レイクALSAのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

レイクALSAのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

レイクALSAのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。